2017年1月27日金曜日

MPVの最新バージョンはよいかもしれないというお話

mpv PPA最新/mpv git-39adaf3で救われたかもしれません。

当方がしつこくテストに使っている4K:

「大阪・陸上篇 同じ志の仲間と、いつか、大きな花を咲かせる/4K映像【パナソニック #ビューティフルジャパン 】」です。


URLが間違っていたら、4K表示ができるものを探してみてください。当方ではブラウザ標準では4Kではがくがくどころか停止します。ローカルに4Kでダウンロードして再生テストをしています。

  • VLC 壊滅的
  • SMPLAYER(エンジンMPV) ひどい
  • ビデオ(標準のTOTEM) 遅延
どれもまともにみられません。
カスタマイズしたMPV がもっともましってかんじです。
よって、当該動画のほんとうの美しさを私はみたことがありません。まだノイズがみえる:笑)
3メートル離れると気が付きません。


春ごとPC周りは刷新するのでそれくらいには。

話は戻ります。


#mpv.conf(メディアファイルのディレクトリ毎においています)

メインのconfigに
use-filedir-conf=yes #mpv.conf #有能
という行を記述していないと有効になりません。

2016年9月以降のオプション指定方式
fullscreen=yes
pause=yes
#no-border
framedrop=decoder+vo

#interpolation
#video-sync=display-resample
#display-fps=60

        #scale=ewa_lanczossharp
        #cscale=ewa_lanczossharp
#    cscale-antiring=1.0
#    cscale-radius=4.0
#    scale-antiring=1.0
#    scale-radius=2.0
        #dscale-antiring=1.0
        #dscale=1.0

#vo-vdpau-chroma-deint
#vo-vdpau-colorkey
#vo-vdpau-composite-detect
vo-vdpau-deint=1
vo-vdpau-denoise=1
#vo-vdpau-force-yuv
#vo-vdpau-fps=60
vo-vdpau-hqscaling=9 #9
vo-vdpau-output-surfaces=2
#vo-vdpau-pullup
#vo-vdpau-queuetime-fs=1
#vo-vdpau-queuetime-windowed=
#vo-vdpau-sharpen=0.5 #1



#過去の設定様式

#vo=opengl-hq:scale=ewa_lanczossharp:cscale=ewa_lanczossharp:cscale-antiring=1.0:scale-antiring=1.0:scale-radius=1.0:cscale-radius=1.0
#vo=opengl-hq:scale=ewa_lanczossharp:cscale=ewa_lanczossharp:cscale-antiring=1.0:scale-antiring=1.0:scale-radius=6.0:cscale-radius=4.0
#vo=opengl-hq:scale=ewa_lanczossharp:cscale=ewa_lanczossharp:cscale-antiring=1.0:scale-antiring=1.0:scale-radius=4.0:cscale-radius=1.0

#このMPVバージョンにさきほど切り替えました。ほとんどの問題が解決したかもしれません。
$ mpv
   cplayer: mpv git-39adaf3 (C) 2000-2017 mpv/MPlayer/mplayer2 projects
   cplayer:  built on Thu Jan 26 15:05:14 UTC 2017
#PPA版のインストール
sudo add-apt-repository ppa:mc3man/mpv-tests
sudo apt update
sudo apt upgrade
sudo apt install mpv

2016年9月以降のmpv 0.21以降だったと思いますがオプション指定方式がかなりかわっています。追いかけるにはgithubをみるしかありません。たとえばこちらです。けっこうめんどくさいです。https://github.com/mpv-player/mpv/wiki/Option-replacement-list#mpv-0210 

2017年1月26日木曜日

WINE 2.0 なんだかおめでとうございます。

インストールは、ubuntu/mintの場合

https://wiki.winehq.org/Ubuntu

です。感慨ぶかいですね。さっそく導入してみました。

30分ぐらい、あーでもない、こーでないとやったんです。
今は、2.0で動いてます。

たぶんですね。古いバージョンはとにかくごっそり削除しない
とうまくなかったかんじですね。なんか一個のこっていた模様。

綺麗にはいったとは言いがたいです。
つまり、WINEではじめてトラブりました。


うちだけ?!

とりあえず動かすのに問題はない程度です。

PlayOnLinuxではまだ2.0RC付き版みたいで、候補最終版に入れ替えました。


2017年1月25日水曜日

mpvでオーディオチャネル選択でバグる場合。mpv --aid=n

大抵の場合マウス選択でうまくいくのですが、まれにうまくいかない。いっても音が途切れるなどの症状がでることがあります。そういった場合は、コマンドラインで起動して明示的音声トラックを指定します。偶然発見したので他によい方法があるのかもしれません。


事例は、aidが1-5まで用意されていて、3への切り替えがマウス操作ではうまくいかない場合です。

 
新規にターミナル(端末)を開きます。ubuntu系は以下を同時押し。CTRL+ALT+T

mpv --aid=3 douga.file.mp4



2017年1月17日火曜日

AMD RADEON 4k 3840x2160 60Hz で表示。ubuntu/Mint

AMD RADEONでも4K 60Hz表示ができます。

必須条件


  • 4k60Hz対応モニター(DP入力端子。またはDPからHDMIに変換する場合はそれが60Hzに対応していることが必要ですし、それ用のコンバートケーブルが必要です)
  • 適切なグラフィック(例RADEON R7360)
  • DisplayPort出力
  • 4K対応ケーブル
 ケーブルはいまどき490円程度のでもふつうに使えますね。間違えると4Kにならないのでご注意ください。数年前のDPケーブルだとまず対応していないと思います。

うっかり間違える可能性。MAC用でOKだろうと思っていたら、MACでは30Hzしか対応していなかった、みたいなことです。よく注意して買い物したほうがよいと思います。

さて、話は本筋に戻ります。

流れは

  • 1)cvtコマンドで状況確認(以下のオレンジをメモ:cvtコマンドで状況確認/必須作業のModeline移行の文字列が重要)
  • 2)xrandr --newmode
  • 3)xrandr --addmode
  • 4)xrandr --output
これだけです。

2-4は、.xprifile、.profileに書くなりするといいですが、ノースクリーンになると困るのでいったん普通に起動して、コマンドで切り替えたほうがいいかもしれませんね。チラツキなどがなく安定するようなら完全自動にすればいいと思います。

当方の場合(2-4)は次の3行で完結します。よくみると簡単なパターンです。

xrandr --newmode "3840x2160R"  533.00  3840 3888 3920 4000  2160 2163 2168 2222 +hsync -vsync
xrandr --addmode DisplayPort-0 "3840x2160R"
xrandr --output DisplayPort-0 --mode "3840x2160R" 

xrandrで今どうなっているか見てみる。当方の現在例


新規にターミナル(端末)を開きます。ubuntu系は以下を同時押し。CTRL+ALT+T



$ xrandr
Screen 0: minimum 320 x 200, current 3840 x 2160, maximum 16384 x 16384
DisplayPort-0 connected primary 3840x2160+0+0 (normal left inverted right x axis y axis) xxx yyy
   3840x2160     30.00 +  25.00    24.00    29.97    23.98
   1920x1080     60.00    50.00    59.94    24.00    23.98
   1920x1080i    60.00    50.00    59.94
   1680x1050     59.88
   1280x1024     60.02
   1280x960      60.00
   1360x768      60.02
   1280x800      59.91
   1280x720      60.00    50.00    59.94
   1024x768      60.00
   800x600       60.32    56.25
   720x576       50.00
   720x576i      50.00
   720x480       60.00    59.94
   720x480i      60.00    59.94
   640x480       60.00    59.94
   720x400       70.08

   3840x2160R    59.97
   3840x2160_60.00  59.98
   3840x2160_59.00  58.98*
   3200x1800_60.00  59.96
   3600x2025_59.00  58.96
   2560x1440_60.00  59.96 
HDMI-0 disconnected (normal left inverted right x axis y axis)
DVI-0 disconnected (normal left inverted right x axis y axis)

黄色は自分で登録した解像度、周波数です。

アスタリスクが末尾に付いている解像度で表示されています。 

余談

当方がここで確認しているのは、「標準では4K/60Hzモードがないこと」です。あればそれを利用すればいいわけですから。
---------------------------

余談の余談

以下の解像度も使えます。 4Kで重い処理になりすぎる場合に一時的に解像度変更してみたりしています。オープンソースドライバがもう少し速ければいいんですけどね。利用したい場合はそれぞれ2行分の追加が必要です。

xrandr --output DisplayPort-0 --mode "2560x1440_60.00" 
xrandr --output DisplayPort-0 --mode "3200x1800_60.00"

cvtコマンドで状況確認/必須作業


cvt 3840 2160
# 3840x2160 59.98 Hz (CVT 8.29M9) hsync: 134.18 kHz; pclk: 712.75 MHz
Modeline "3840x2160_60.00"  712.75  3840 4160 4576 5312  2160 2163 2168 2237 -hsync +vsync

cvt -r 3840 2160
# 3840x2160 59.97 Hz (CVT 8.29M9-R) hsync: 133.25 kHz; pclk: 533.00 MHz
Modeline "3840x2160R"  533.00  3840 3888 3920 4000  2160 2163 2168 2222 +hsync -vsync

オレンジが重要

#~/bin/4k 4Kを選択するスクリプト例 無駄な説明付き


結局は、青のxrandr行の3行を発行するだけです。

4k 引数

使い方

2 FHDにする
3 30Hzにする
6 60Hzにする。59.98Hz
R 60Hzにする。59.97Hz -0.01Hzで安定した。カーネルによるかもしれない。
なし Rと同じ。

-------------------------------------------------------------------------
#!/bin/bash
# -x
# 4k 60Hz
#
#
#
#Procedure


    RES=`xrandr | grep -oP '^(.*?\.\d\d)\*' | sed 's/\*//'` ; echo "$RES"


                 #   3840x2160_60.00  59.98 チラつく
if xrandr -q | grep -E '3840x2160_60.00' ; then
#if xrandr -q | grep -E '3840x2160_60.00  59.98' ; then
#if xrandr -q | grep -E '3840x2160R    59.97' ; then
        echo ready 60Hz mode.モード登録済み。省略。
    else
        echo entry 60Hz mode.モード登録する。作業。
    #Res.Ent: newmode
        xrandr --newmode "3840x2160_60.00"  712.75  3840 4160 4576 5312  2160 2163 2168 2237 -hsync +vsync
        xrandr --newmode "3840x2160R"  533.00  3840 3888 3920 4000  2160 2163 2168 2222 +hsync -vsync
        #NG!! xrandr --newmode "3840x2160_61.00"  725.00  3840 4160 4576 5312  2160 2163 2168 2239 -hsync +vsync
    #Res.Add: addmode
        xrandr --addmode DisplayPort-0 "3840x2160_60.00"
        # NG!! xrandr --addmode DisplayPort-0 "3840x2160_61.00"
        xrandr --addmode DisplayPort-0 "3840x2160R"
fi

    echo previous : `xrandr | grep '*' `

    case "$1" in
        "2"  | "2k" | "fhd" | "1080" )
            xrandr --output DisplayPort-0 --mode "1920x1080"    ;;
        "3"  | "30" | "4k" | "2160")
            xrandr --output DisplayPort-0 --mode "3840x2160"    ;;
        "6"  | "60" )
            xrandr --output DisplayPort-0 --mode "3840x2160_60.00"    ;;
        #"61"  | "i" )
        #    xrandr --output DisplayPort-0 --mode "3840x2160_61.00"    ;;
        "R" | "r" )
            xrandr --output DisplayPort-0 --mode "3840x2160R"    ;;
        * )
            #xrandr --output DisplayPort-0 --mode "3840x2160_60.00"    ;;
            xrandr --output DisplayPort-0 --mode "3840x2160R"    ;;

    esac

    echo and now! : `xrandr | grep '*' `
echo done
exit

<
#       1920x1080     60.00    50.00    59.94    24.00    23.98
#       3840x2160     30.00*+  25.00    24.00    29.97    23.98
memo
#

追記:ちょっと変更して試験中(これで決まりか?!)

cvt 3840 2160 59
# 3840x2160 58.98 Hz (CVT) hsync: 131.87 kHz; pclk: 700.50 MHz
Modeline "3840x2160_59.00"  700.50  3840 4160 4576 5312  2160 2163 2168 2236 -hsync +vsync
xrandr --newmode "3840x2160_59.00"  700.50  3840 4160 4576 5312  2160 2163 2168 2236 -hsync +vsync
xrandr --addmode DisplayPort-0 "3840x2160_59.00" 
xrandr --output DisplayPort-0 --mode "3840x2160_59.00" 

余談。

AMD での4Kは、プロプラなドライバでないとだめかなと思っていた上、askubuntuなどでもRADEONはだめだよっていう記事があったりしたので、ふーん、と思っていました。実際、やってみると普通にできたので方法を記載します。R7360は、AMDで最低ラインの4K対応グラフィックボードと思っていただければよいです。まだ売っているみたいですが現行品ではありません(ほんの一瞬の商品だった)し、16.04にはプロプラドライバも提供されていません。

(ひとりごとのひとりごと。やっぱ fglrx カモーンだな。まさかの「瞬間打ち切り」になるとは思ってなかった。というか、買ってから一度もプロプラドライバの恩恵にあずかったことはないのだけど。マイナー悲哀)

43インチ4Kにダウンしました。

Screen 0: minimum 320 x 200, current 3840 x 2160, maximum 16384 x 16384
DisplayPort-0 connected primary 3840x2160+0+0 (normal left inverted right x axis y axis) 953mm x 543mm
   3840x2160     60.00 +  30.00    25.00    24.00    29.97    23.98  
   1920x2160     59.99  
   2560x1440     59.95  
   1920x1080     60.00    60.00    50.00    59.94  
   1920x1080i    60.00    50.00    59.94  
   1680x1050     59.95  
   1280x1024     75.02    60.02  
   1440x900      59.89  
   1280x960      60.00  
   1280x720      60.00    50.00    59.94  
   1024x768      75.08    70.07    60.00  
   832x624       74.55  
   800x600       72.19    75.00    60.32    56.25  
   720x576       50.00  
   720x480       60.00    59.94  
   640x480       75.00    72.81    66.67    60.00    59.94  
   720x400       70.08  
   3840x2160R    59.97* 
   3840x2160_60.00  59.98  
   3840x2160_59.00  58.98  
   3200x1800_60.00  59.96  
   3840x2160_60.50  60.48  
   3840x2160_30.00  29.98  
   3840x2160_60.10  60.09  
   3840x2160_59.99  59.98  
   3840x2160_59.98  59.96  
   3840x2160_59.97  59.96  
   3840x2160_59.96  59.94  
   3840x2160_59.95  59.94  
HDMI-0 disconnected (normal left inverted right x axis y axis)
DVI-0 disconnected (normal left inverted right x axis y axis)

オレンジの解像度がもっとも良い結果を示してくれます。
PHILIPS フィリップス BDM4350UC/11 42.51インチ