2015年12月4日金曜日

Linux Mint 17.2 to 17.3 upgrade アップグレードしました。

結局、再度アップグレードしてみました。ついでに、4.4.0 LTSカーネルをいれてみました。


依存関係がいろいろ発生して(自分の責任)めちゃくちゃ気味。

公式手順 をどうぞ。


自分の手順:いろいろ問題が多いのでやや複雑かもしれません。


1) 17.2から17.3にアップグレードしてから、
2)/etc/apt 配下を新規インストールの17.3に差し替え(コピーしてきた)。強引かな。
3) dist-upgrade かける。
4) どうしても依存関係が発生するパッケージを特定したら、 削除して、再インストール。慎重に!!
5) 依存関係の解消ができた!! と思ったら、
6) PPAを追加していって、これまでの環境に戻す。
7) 確認:今ここ。一部除外して調子いいです。
8) LTSカーネル 4.4.xのLowlatency、及びgeneric を導入しました。具合いいです。4.2系ではぼろぼろでした。

バックアップはまるごととっています。何度か失敗して書き戻しました。SSDベース20GBインストール区画ならレストアはものの数分で終わります。コーヒー入れる時間すらない。

反省と展望

結局、4がキモなのと、nightly build は使わないことですね。NBはこれで排除されました。4で迂闊に削除するとデスクトップ環境まるごと削除されちゃったりしますので、コマンドラインでじっくり確認しながら考えてください。バックアップはとっておいたほうがいいですよ。失敗したと思ったら、まるごと書き戻す。楽です。

余談

調子に乗って、カーネル4.4.xまであげてみました。調子いいみたい。

※最後まで残った問題は、GCCとハイバネ、スリープがメニューに出てこないって話。

GCCは、半年以上前から困っているので、今回は強引にPPAでアップグレード。 非推奨。

ハイバネは、不思議。

Grubのgfxmodeみつからん問題は、めんどくさいので、BRUGに選手交代。/etc 配下の差し替えとかやってみたんですけどね。不思議。burgで解決したのでOK。


ここまでやると、/HOME活かして、新環境でと考えると思います。はい、もちろんやっています。原因がいつか知りたいんですね。 だから、壊れ気味でも残してあったりします。

現在起動状態


Linux cinnamon 4.4.0-040400-lowlatency 
#201601101930 SMP PREEMPT Mon Jan 11 00:38:46 UTC 2016 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux

cat /etc/lsb-release
DISTRIB_ID=LinuxMint
DISTRIB_RELEASE=17.3
DISTRIB_CODENAME=rosa
DISTRIB_DESCRIPTION="Linux Mint 17.3 Rosa"

ターミネイターカーネルは一度も使うことはなかったですね。