2015年7月21日火曜日

DVD/BDライティングソフト k3b 日本語化手順

k3bが、Linux界隈で定番のDVD/BDライティングソフトの地位を固めた気がしますが、ディストリビューションによって、日本語化手順が異なるので、ubuntu/mintのケースワークを記しておきます。

おそらくここに来ている方は、ネット情報通りでは日本語化できていないと思います。だからググったはずですね。k3bだけのローカライゼーションを導入します。その他はいれません(いれたくないので)。

結論からいうと、以下のコマンドを発行してください。CTRL+ALT+Tでターミナル。ubuntu系は以下を発行.CTRLALTT
切り貼りでも、ドラッグアンドドロップでもよいです。

sudo apt-get install k3b k3b-i18n

以上のように、synaptic で選択してももちろんOKです。

つまり、k3b-i18n はおまかせでは入らない。依存関係に含めてくれればいいのですが英語圏の人には無用ですものね。

日本語への切替

言語の切り替えは、メニューバーのヘルプで選択します。以下は、既に日本語化されています。



いろいろ試行してうまくいかず、このページが検索されていると想定して書いています。だから不親切気味です。

さて、braseroが壊滅的にひどいという印象は私にはないので、絶対的おすすめってわけではありません。年度末バックアップ アーカイブで数枚25GBのBDを焼きましたが、何度もエラーが99%で発生しました。ただ、ファイナライズ段階でこけただけみたいで、一旦リブートする と自動マウントしてBDデータディスクとして認識しています。いちおうOK。こんなんばっか。

2 件のコメント:

  1. ありがとうございますm(__)m
    助かりました(^v^);

    返信削除
  2. よかったです。単純な話なんですがけっこうアクセスが多いので、困っているひとは多いかもしれませんね。

    返信削除